看護師の転職☆試用期間中の退職☆入職後10日で退職した話

看護師のいろいろ
看護師
看護師

まだ入職して数日だけど辞めたい…でも試用期間中の退職ってどうしたらいいの?そもそもこんなに早く退職するなんて駄目かな…?

びびりん
びびりん

無理だと思ったら早く退職して大丈夫です!

転職10日後の試用期間中に退職をしたびびりんが、試験期間中の退職についての疑問をお答えします!

この記事が参考になる人
  • 試用期間中に辞めれるか知りたい人
  • 早期退職したい人
  • 試用期間中の退職の流れを知りたい人
  • びびりんの早期退職の理由が知りたい人
スポンサーリンク

試用期間中の退職を決意した理由

私は結婚してからの転職活動だったため、転職先に求める条件は「プライベートを大切に出来る。将来子供が出来て、子育てしながらでも働きやすい職場」でした。今回の早期退職を決意した理由は、その点が守られないと思ったためです。→妊娠・出産・育児を考えた転職

転職サイトから聞いていた話と違った

転職サイトからは「プライベートを大切に出来る職場。将来子供が出来て、子育てしながらでも働きやすい職場。」だと聞いていましたが、入職してから、初めに聞いていた話と違う点が多く困惑しました。大きく違っていた点は以下の通りです。

「日勤、夜勤のみの勤務形態」→早番、遅番もある雇用形態

私は早番遅番はやりたくなかったため、転職時の条件として「早番遅番なし」と伝えており、雇用契約書にも「日勤、夜勤のみ」の雇用形態でした。

しかし、入職日当日の新人オリエンテーションで突然「早番も遅番もあるので宜しくね。」と看護師長に言われ、拒否をしても「早番遅番が出来ない正当な理由が無ければ、やってもらう。」と告げられました。その為、入職初日から病院に対する不信感が募っていました。

「残業なし」→残業だらけ

「残業はほとんどなく、あっても月3時間以内」と聞いていたのに、入職してから、ほぼ毎日1~2時間の残業。私が働き始めなうえ、容量が悪いせいかと思っていましたが、周りを見てみると、先輩達も残業をしている様子…。とても月3時間以内の残業とは言えない病院でした。

「産休育休取得率が高く子育て世代が多い」→子育てしづらい現場のため産休育休明けに退職する人が多い

そしてこれもまさかのまさか、産休育休をとる人は多いが、産休育休復帰後に数カ月働いて退職したり、復帰しないで退職したりする人が多いということが発覚。

これらのことが「入職して分かった自分の希望条件との違い」です。
このくらい頑張れよ!と思う方もいるかもしれませんが、今後長く働こうと思っている職場だからこそ、この条件違いの数々は我慢できないなと思い退職に至りました。

退職の手順

びびりんが実際に経験した試用期間中の退職の手順です。病院によって違いはあると思いますので、一例として参考にされて下さい。

師長に退職をしたい事を伝える

退職願いなどは持参せず、勤務前に師長に直接退職の意思を伝えました。そしてそのまま退職の流れになりましたので、結局今回は退職願いは書いていません。

正社員などのように、あらかじめ契約期間が定められていないときは、労働者は少なくとも2週間前までに退職届を提出するなど退職の申し出をすれば、法律上はいつでも辞めることができます(会社の就業規則に退職手続きが定められている場合はそれに従って 退職の申し出をする必要があります)。

厚生労働省

看護部長にも退職の意思を伝える

師長から看護部長にも話すように言われました。そして、時間を設けられ看護部長と面談。退職の意思を伝え、退職をする事となりました。

びびりん
びびりん

退職したい理由など聞かれたあと、働き続けて欲しいと言われましたが、この職場では長く働けないという気持ちは変わらなかった為、そのまま退職の意思を貫きました。

書類に必要事項を記入

試用期間中のため本日付で退職が出来ると言われ、その場で書類に必要事項を記入しました。

試用期間中の退職、履歴書に書く?

試用期間でも雇用契約は結ばれます。そのため試用期間中に退職した場合でも、履歴書の職歴には記載するのが1番無難です。短い期間の退職について履歴書に書くのは憚られると思いますが、入職後に経歴詐称など言われるリスクを無くす為、しっかり履歴書に記載しましょう。

【まとめ】試用期間でも退職は出来ます。

私は今回、転職してすぐの試用期間中に退職をして良かったと思っています。

今後長く働く場所を探す為の転職。長く働けないなと思ったら、早めに行動してしまいましょう☆

本当に退職する必要があるかはよく考えて!

新しい職場に入職してからの数カ月は、覚えることが多かったり、新しい人間関係の構築に疲れてしまったり、大変なことは多々あります。本当に自分は今退職をしたいのか、もう少し働いてみたら解決できる問題ではないのか、等冷静によく考えてみてください。その結果、働き続けても解決できる問題ではない、そもそも働き続けるのが精神的に辛い、という場合は、早期退職をしてしまいましょう。

無責任な言葉掛けだと思われるかもしれません。しかし私たち看護師は幸いな事に、看護師免許を持っています。病院や施設の1個や2個合わなくても、他に就職先は沢山あります。心や身体を壊してまで働き続けるのではなく、自分に合った職場を探し、楽しい人生を送りましょう☆看護師転職サイトを使うべき理由5選

最後までお読み頂きありがとうごじきました♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました