仕事を辞めるより死んだ方が楽だと思った【新卒でNICU看護師になったビビの本音】

泣き部屋
看護師
看護師

え…。死んだ方が楽だなんてこと言ったら駄目だよ!!

ビビ
ビビ

もちろん今は「死んだ方が楽」なんてこと、これっぽっちも思ってませんよ♡
でも、NICU看護師時代のビビは、このように考えてしまうこともあったんです。

今回は新卒でNICU看護師になり、2年間NICU看護師として働いたビビが、当時抱えていた悩みや辛さを包み隠さずお話ししていこうと思います。他の記事に比べだいぶネガティブな内容が多めになっていますので、苦手そうな方は今回の記事はスキップし、他の記事を読んでみて下さいね☆

この記事を読んで欲しい人
  • NICU看護師を辞めたい人
  • つらい気持ちを抱えながら毎日頑張っている人
  • こんな悩みを持っているのは自分だけだと塞ぎ込んでしまっている人
  • 今が人生の底だと思っている人
スポンサーリンク

自ら希望して新卒でNICU看護師になったビビ

新卒でNICU看護師になったのは自分の希望でした。しかしNICU看護師初日から人工呼吸器管理の重症新生児を受け持つ事になり、毎日が怖くて怖くて仕方なかったです。

ビビ
ビビ

ビビのNICU看護師についての認識が甘かったのはありますが、まさか初っ端から人工呼吸器管理の重症新生児の受け持ちをする事になるとは思いませんでした。

  • 赤ちゃんのお世話もした事ないのにいきなりオムツ交換だけで酸素の値が悪くなるような重症新生児。
  • 通常の呼吸管理の看護もした事が無いのに、挿管チューブが数㎜動くだけで急変を起こす新生児の人工呼吸器管理。
  • 緊急コールの存在も知らないNICU看護師3日目での急変。
  • 人格否定までされる先輩看護師からの指導。

「自分の知識と技術が無いせいで赤ちゃんを死なせてしまうんでは無いか」という恐怖感で、毎日毎日精神的に苦しかったです。

ビビが毎日必死で勉強していた時に使用していた参考書はこちらの記事にまとめています。

オリ中に急に消える先輩。不安な毎日。

新人看護師には、新人オリエンテーションという形で、先輩がつきっきりで指導してくれます。しかし私のNICU病棟は2人の新人に1人の先輩が指導につく事が多く、時々新人が1人ぼっちになる時間がありました。

  • オリエンテーション中なのに先輩がどこに行ったか分からない不安。
  • 先輩が居ない時間で赤ちゃんが急変したらどうしよう。
  • 今赤ちゃんに〇〇をしなくてはいけない時間なのに、指導者がいない時に行動してはいけないと言われているからどうしよう。

など悩む事が多かったです。(指導者が居ないから行動できなかったのに、後で指導者から「あの時間で〇〇しなきゃいけなかったのに、何でやらなかったの?」と怒られる日々)

もちろんしっかりとした時間管理をしていれば、あらかじめ指導者に、「〇〇がしたいので、この時間は居てほしい」という依頼が出来たかもしれません。でも当時NICU看護師になって数日のビビはそこまで頭が回らない日々でした。

【新人ナース必見】こわい先輩看護師タイプ別攻略法☆人間関係に悩まない看護師ライフを目指す☆

人不足だからと実施されないオリ

  • 超未熟児
  • 脳低体温療法
  • NO吸入療法

など、特殊&繊細な管理が必要な受け持ち患者については、新人オリエンテーション同様に、先輩が付きっきりで指導に入ります。

しかし、1年目のある日、ビビは出勤して突然、

リーダー<br>看護師
リーダー
看護師

今日は人が居ないから指導者を付けられないけど、ビビさんなら大丈夫だよね。時々様子は見に行くから。

と、リーダー看護師に言われ、指導者無しでこの超重症患者を受け持つ事になりました。

ビビ
ビビ

急に1人で超急性期患者の受け持ちは私には無理です。分からないので怖いです。指導者をつけられるときにオリエンテーションをして欲しいです。

とお願いをしましたが、全て却下。
なんとかその日看護をし続けましたが、本当に怖くて不安で、職場の理不尽さに死にたくなった日でした。

赤ちゃんを純粋に可愛いと思えなくなった自分が嫌いになった

赤ちゃんの事が大好きで、赤ちゃんの看護なら頑張れるはずだ。と思ったからNICU看護師になったはずなのに、ビビは時々赤ちゃんの事が可愛いと思えないようになっていました。

【NICU看護師辞めた理由】赤ちゃんを可愛いと思えなくなる⁈人間失格と悩んだ日々

そして、赤ちゃんを可愛いと思えない自分のことが、どんどん嫌いになっていきました

NICU看護師のつらさが他人に理解されづらかった

友達
友達
  • 赤ちゃん可愛いのに何がつらいの?
  • 自分で希望してNICU看護師になったんでしょ?
  • 赤ちゃんの看護は楽しそう!

など、NICU看護師のつらさは周りの人に理解してもらえない事が多かったです。

そもそも看護師自体が向いていないのではないかと思った

NICU看護師になって3ヶ月目で看護師を辞めたくなったビビ。そんな早い時期にNICU看護師を辞めたくなるという事は、ビビはそもそも「看護師に向いていないのではないか」と思うようになりました

辞める工程全てのハードルが高く感じ、辞めるよりそのまま死んだ方が楽になると思った

  • 職場の上司に話をしなくちゃいけない:引き止めにあってズルズル仕事を続ける事になるかもしれないし、そもそも中々師長と話を出来るタイミングが無かった。
  • 奨学金の残りを一括返済する必要がある:ビビが借りていた奨学金の総額は240万円。お礼奉公途中で退職すると残りの奨学金を一括で返済しなくてはいけなかった。→お礼奉公中の退職についての記事はこちら
  • 家族や友達にも辞める話を伝える:「まだ辞めるには早いでしょ?3年は続けないと」と辞めたい気持ちを理解してもらえない。辛さを分かってもらえない。そもそも説明をする気力が無かった。

3回転職した今のビビからすれば、どの項目も「なんとかなるさ」くらいの気持ちでいけるものだと言う事が分かるのですが、当時のビビは精神的に疲れていた事もあり、全ての行程のハードルがとても高く感じていました。

そして、辞めるくらいなら死んでしまった方が楽だ。などという考えが浮かんでくるようになりました。今考えてみればあの時は少し鬱に近い状態だったのかもしれません。

辛い時期を乗り越え転職した現在

こんな考え方になっていたビビが、何故2年でNICU看護師を退職し、成人病棟に転職できたのか。それは周りの人の支えと、ある日突然吹っ切れたように「ああもうどうにでもなれ!」という気持ちに変わったからです。

周りの人の支え

私が「死にたい」「辞めたい」「つらい」と悩みながらも、気力が無く、身動きが取れなくて苦しんでいた時、1番近くで支えてくれたのは、今の旦那さんでした。

ビビのつらい気持ちを認めつつ、「死なないで」「仕事辞めればいいよ」「看護師以外の仕事だってあるし大丈夫だよ」「むしろ働かなくて良いから何も考えずに仕事辞めな」など声をかけてくれ、話を聞いてくれた事で、つらい時期をなんとか乗り越える事が出来ました。

ある日突然吹っ切れた

そして、なんとか毎日を生きている中で、ある日突然。

もうなるようになれ!!

と吹っ切れて頭のモヤモヤが晴れ始めたのです。そうなってからは、あれほどハードルが高く感じていた「仕事を辞める」という事が、「なんとかなる!」と思えるようになったんです。

NICUからの転職☆元NICU看護師ビビの実際の転職活動の流れ

あの時死ななくてよかった

今となっては、「死にたい」と思っていたあの時期に、死ななくて本当に良かったと思っています。

生きていると、「死んだ方が楽」と思うこともあるかと思います。でも、死ぬ勇気があれば、今の状況を変える事はそんなに難しくないと思います。

現に私はつらい時期を乗り越えた今、とても幸せな人生を送ることができています。

ビビ
ビビ

つまりビビが言いたいのは、死ぬ前に勇気を出して行動したら、きっと人生変わるよ!っていうこと!

幸せな人生を掴み取りましょう☆

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました